kitispace 固定概念にとらわれないシンプルで楽しい居心地の良い空間の作り方

不動産と建築に携わるインテリアコーディネーターの固定概念にとらわれない考え方を綴ります

スポンサーリンク

洗濯機置き場の正解は幅の広い洗濯パンだと思う

f:id:kitispace:20220605080523j:image

あっという間に6月ですね。

私は結構ブログを書くということが好きなので、ちょこちょこ書きたいものの、なんと言ってもiPhoneがいい加減限界を迎えており、元々は移動時に更新するのを楽しみにしていたけれど、電池温存のために携帯を触らないということをしており、なかなかかけずにいます。早く買いたいよ。

インスタの本文に書いた通りなのですが、洗濯機置き場問題の正解は、幅の広いパンではないかなと言うのが、現在の私の考えです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Aimi (@aimikkkkk)

実際に、色んなタイプの洗濯機置き場を生活で使ってみて、排水口にダイレクトにアクセス出来ることが、やっぱり便利だなと思っています。

64センチ角だと、排水口が洗濯機の下になり、何かの時、すぐにアクセスできないのです。

そして、パンを置かずに、排水口だけを設置して、例えば洗濯機はキャスター付きの台に置いた場合、日常の洗濯機の揺れ?で少しずつ動いているので、それも、少し気になります。

洗濯機パンは埃が溜まるのが嫌という考えもありますが、非常時の床ダイレクトに水浸しなどを考えると、あったほうがいいなと思います。

そしていろいろ使ってみて、幅の広い洗濯パンのある暮らしは想像以上に快適でした。

横の余ったスペースに、ちょいと洗剤や掃除道具も置けるし、ある程度の幅なので、埃も気になれば拭いたりしやすいですし、排水口をお掃除したい時や、何かあっても排水口がすぐ見えそうなのも安心。

洗濯機置き場として、どちらにしても、640ミリよりも幅を取れるのであれば、幅の広いものをおすすめしたいです。

74センチ、80センチ、90センチ、などなどがあります。

最初の写真のはこちらで、リクシルの90センチ幅です。

つるんとした素材感や白さも好きです。

 

スポンサーリンク