kitispace 固定概念にとらわれないシンプルで楽しい居心地の良い空間の作り方

不動産と建築に携わるインテリアコーディネーターの固定概念にとらわれない考え方を綴ります

スポンサーリンク

コットン100パーセントのかわいいシーツ

f:id:kitispace:20220425085952j:image

こないだ、久しぶりにIKEAに、偵察に行ってきました。

みたいソファ達があったので、行ってきたのですが、ついでに、見てしまったシーツがかわいくて、買ってしまいました。

綿のかわいいシーツや、子供用シーツをお探しなら是非♪子供部屋デコレーションにもよさそう!

子供用ベッドリネン|IKEA【公式】家具・インテリア雑貨通販 - IKEA

 


内装や家具で冒険は、ドキドキですが、シーツなら、冒険してみるのも、アリですよね!

しかし私は、本当はこれを買えばよかったかな、と、未だに思っています。

f:id:kitispace:20220425090449j:image

家で触れる場所は気持ちの良い素材がおすすめ 床と扉の取手の素材感

f:id:kitispace:20220302185957j:image

家で生活していて、触れる場所って、床がほとんどです。床くらいしか触れていないんです。

あとは、触れると言ったら、手すりと、扉のハンドルや、ノブと、蛇口をひねる時と、スイッチくらいですかね。

なんかそういうの考えるのは楽しいです。

家づくりでお金をかける優先順位の考え方で、触れる場所は、気持ちの良い素材にしたいなぁってありますよね。

この写真は先日泊まりに行ったお宿の扉の木の掘り込み取手。

あぁやっぱり気持ち良いなって思っちゃいました。

取手のない扉、建具もありますが、汚れ対策なら何か取っ手がある方がいい場合もあるし、見た目とか、場所に合わせて選べば良いけれど、やっぱり、触れて気持ち良い素材は、いいですよね。

 

裸足で過ごしたい無垢フローリング、的な話と同じですね。

f:id:kitispace:20220302190836j:image

ここのお宿は、杉のフローリングでした。

柔らかくて足触りが良くてとても気持ち良かったです。

なんと、トイレも洗面もこの床でした。

お宿でこれは勇気あるなと思ったけれど、やっぱり気持ちがいいです。

これをスライドしていくと最後洗面室写真です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Aimi (@aimikkkkk)

 

以前、無垢フローリングを採用してくださったお客様が、住み始めてから、水回りも同じ床にしたら良かったとお聞きしたことがあり、そういう風に感じていただけるほど、気持ちの良い無垢フローリングの空間を体感いただけたのはうれしかったし、でも、水回りの素材をフロアタイルでご提案した時に、もう少し確認させていただいたほうがよかったなと反省しました。

もちろんケースバイケースですが、やっぱり、そういう感覚の気持ちよさ、いいですよね。

薪ストーブのある暮らしの現実 おすすめの配置

f:id:kitispace:20220214201820j:image

こんばんはー。

雪が降る降るとなってて降りませんでしたね。

これは昨夜。笑

とりあえず、雪積もってもいいように薪を室内に入れておこー。もう、夜だし、わたしも疲れてるし、かわいく積んでらんない。とりあえずとりあえず。

みたいな感じです。

続きを読む

シンプル好きさんズボラさんにおすすめのユニットバスと選び方

f:id:kitispace:20220115083050j:image

何年も前からつぶやいてきましたが、ユニットバスでもいろいろ削ぎ落とすと、かっこよくなるし、掃除もしやすくなります。

ユニットバスもそぎ落とすと掃除も楽だし見た目もカッコイイ - kitispace 固定概念にとらわれないシンプルで楽しい居心地の良い空間の作り方

とうとう、リクシルの新しいリノビオのカタログでは、最上位モデルの例からミラーとカウンターが、無くなりました。

続きを読む

スポンサーリンク