kitispace 固定概念にとらわれないシンプルで楽しい居心地の良い暮らし

建築も不動産も経験したインテリアコーディネーター 掃除でも片付けでもインテリアでも居心地を大切にする居心地プランナー

スポンサーリンク

階段下収納を活用したテレビ壁掛けの裏と表をご紹介

f:id:kitispace:20200908172442j:plain

今日は壁掛けテレビの裏と表を模様替えついでに撮影してみました。

 

f:id:kitispace:20200908172454j:image

 我が家のテレビはSONYのX9300Dというタイプで、ソニーは当時から壁掛けをかなりスマートにしていたので、ソニーの純正の金物ですっきりとつけたくて、この機種にしましたが、今は、これになっているみたい。 よりすっきりかな。

 とにかく、このすっきり感は、もう何年もたった今でも気に入っています。広くないリビングなので、床に物を置かないことも大事だと思っています。

ちなみに、ソニーで壁掛けテレビの施工半額キャンペーンみたいなのをやっているみたいです。

www.sony.jp

分かりやすいかと思って動画で撮ってみましたが、しかし、画質がガサガサだし。編集はわからないし、お見苦しくてすみません。

でも、写真よりはお伝えしやすいですよね。動画って。見ていただけると嬉しいです。

あーーー練習します。勉強します。

youtu.be

壁掛けテレビとその裏側を横から見るとこういう感じです。
(あちら側の生活感よ。。。)
f:id:kitispace:20200908172451j:image

 実際に置いている棚がこちら。スチールラック(ワイヤーシェルフ)はニトリが、バリエーションがあってよさそうでした。建築の減額調整で造作家具をごっそりなくしてこちらに置き換えるのも手です。棚板も増やせるし、通気性がいいところも実は好きです。

ちなみに幅と高さと色バリエーションがあるのでお好みで選べます。 シリーズごとに奥行なども選べます。


 


 

 


 

追加の棚板はこれです。

ホームセンターに棚板を買いに行くより安いかもしれません。


 

テレビ壁掛けの金物や工事中の様子は以前の記事をご参照ください。

kitispace.hatenablog.com

 

お題「うちの自慢スポット」

スポンサーリンク