読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life with me

シンプルだけど楽しいが好き。本当に気になっているのはインテリアではなく過ごすこと。暮らしのこと。鎌倉で暮らしています。

朝の光は気持ちがいい

f:id:kitispace:20160909114225j:image

って、全然ひかりの写真ではないけれど。

窓の外から撮ったので、もやもやしてるけど。

建築中の自宅の現場報告のメールで、断熱材が始まったといただいたので、今朝見てきました。

壁も窓もできたので、多分ひかりの漏れ具合こんな感じなんだなーと、思いました。

明るすぎず暗すぎず、いい感じ٩( ᐛ )و自己満足٩( ᐛ )و

 

わたしの家は窓がとっても少ないです。

だからこそひかりの漏れ方を楽しめるかなーと、楽しみ。内装が白くなってから、見るの楽しみです。

 

f:id:kitispace:20160909114713j:image

ちなみに、断熱材は壁と床下がセルロースファイバーです。とても簡単に言うと新聞紙です。ローコストな住宅なのにまさかの採用です。

f:id:kitispace:20160909114832j:image

あの中に詰まっている。

 

新聞紙で快適な家が建つ―住めば住むほど得をする 家づくりの秘訣はセルロースファイバーの高断熱にあった!!

新聞紙で快適な家が建つ―住めば住むほど得をする 家づくりの秘訣はセルロースファイバーの高断熱にあった!!

  • 作者: 竹之内貴浩
  • 出版社/メーカー: 書肆侃侃房
  • 発売日: 2008/01/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

採用の1番の理由は遮音効果です。わたしの1番最初の家のテーマは、静かで空気がきれいそうな家、です。

実際にセルロースファイバーを詰めた筒に防犯ブザーを出し入れする実験をみていると、うわーすごーい!と、なるのです。

ま、そんなに騒がしそうな場所ではないけれど。

 遮音効果の実験の動画です。

我が家は壁と床下がセルロース

f:id:kitispace:20160909115314j:image

床下に見えるのが、セルロースファイバー。

 

断熱も、もちろん期待したいけれど、わたしはちゃんと施工さえしてくれれば一般的なもので、いいんだと、思うし。そんなに遮断しなくても、とも思ってしまうようなタイプですʕ•̫͡•ʔ♡*:.✧

 

でも、素材を考える時に、ビニール袋の中と、紙袋の中と、布袋の中で暮らすのを考えてみると、ビニール袋のなかは、心地悪そうだなとか、思う場面もたまにあります。

それから、燃えにくいんだそうです。

なんか気持ちいい感じが気に入りました。