kitispace 固定概念にとらわれないシンプルで楽しい居心地の良い暮らし

建築も不動産も経験したインテリアコーディネーター 掃除でも片付けでもインテリアでも居心地を大切にする居心地プランナー

スポンサーリンク

お風呂のキレイを保つ簡単な方法

f:id:kitispace:20190707124041j:image

こんにちは。

今年の梅雨は、なかなか梅雨らしく雨の日が続いている印象です。

先週はわたしの地元の鹿児島も心配な状況が続きました。

人にとっても空間にとっても、湿気はなかなかのダメージですよね。

 

実践してる方も多いと思いますが、たまにほぉーと行ってもらえることがあるので、ご紹介しますね。

 

続きを読む

お部屋の中の色の組み合わせ

f:id:kitispace:20190625081512j:image

おはようございます。

今日はどんより曇り空です。

今度着工するマンションリノベーションのお打ち合わせのご提案用に集めたサンプルたちです。

サンプル選んだり、並べて色の組み合わせ見てると、テンションあがります。

真っ白い空間も好きだけれど、色の組み合わせを考えるのも好きだなぁて思います。

風合いを大事にしつつ、かっこいいめの色と素材の組み合わせになりそうです。

【web内覧会動画付き】白と回遊性のマンションリノベーションがもうすぐ完成

f:id:kitispace:20190623192045j:image

こんばんは。

ホッと一息日曜日の夜ですね。

打ち合わせ嵐。着工前嵐。

寝る時と食べてる時以外仕事してました。

でともうすぐお引き渡しの現場、今回も素敵。

続きを読む

隠さないキッチンのすすめ!きれいに保つ仕組み!せっかくの対面キッチンなら手元は隠さない作戦。

f:id:kitispace:20190611094122j:image

 おはようございます。

今日もどんよりしてる鎌倉市です。私は作業が立て込んでいて引きこもり中です。

が、ブログは書きたいなと思って書いてみます。

キッチンで、今主流なのは、対面式のキッチンです。家族の様子がみたいとか、孤立したくないとか。でもでも、まだまだ、手元は隠したいという方が多いです。

コスト的にもI型と言って、まっすぐのキッチンを、建築で作った100センチくらいの高さで囲うのが一番リーズナブルかなとは思います。わたしもよくお勧めしています。しかし、そこでいつも思うのは、キッチンは隠したいという思いを持っている方が結構多いなということです。もちろん、好みでいいと思うんです。ただ、一つの考え方として、キッチンって一番といっていいくらいキレイにありたい場所だから、隠さなくてもキレイを保てる仕組みを作ったほうがいいのではないかなということです。

これは、対面式でも壁に向いていても個室でも一緒で、やっぱりキッチンは食べ物を扱う場所なのでキレイであることが大事だと思うし、キレイを保てる計画にしたいなと私は思っています。

 

続きを読む

スポンサーリンク